親子ではじめる0歳からの予防歯科習慣!

キッズデンタルパークってどんなところ?

当院のコンセプト

お子さまが自ら歯を大切に思い、習い事に行くように通える歯科医院です。

詳しくはこちら

スタッフ紹介

歯科医師、歯科衛生士、受付スタッフのご紹介。

詳しくはこちら

パパ・ママへ

「感染の窓」を知っていますか。お子さまの歯を守るために出来ることがあります。

詳しくはこちら

院内見学

お子様の大好きなカラフルな空間で、楽しく歯の健康を守ります。

詳しくはこちら

診療案内

銀座の歌舞伎座タワー内にある、予防歯科・矯正歯科・小児歯科です。

詳しくはこちら

GKDPキャラクター

銀座キッズデンタルパークに棲む妖精たちをご紹介します。

詳しくはこちら

予防歯科とは?

最近、「予防歯科」とよく耳にするようになりましたが、「予防ができている」とはどのような事でしょうか。
PMTC(クリーニング)を行っていること?
メンテナンス・唾液検査・フッ素塗布に力を入れていること?

一番大切なのは、患者様がご自身の口腔内の状態を把握し、ご自宅でのケアを行い、自らの意思で定期通院をするということです。

予防とは、意識を変えること

今までの一般歯科への通い方は、「虫歯になってから行き、治療する」の繰り返しでした。
患者様の要望をお伺いし(「痛い」)、対処する(「削って治療する」)という患者様主体の診療が多かったのです。
わたしたち歯科医療人から虫歯になる前に予防をすることに対しての意識を訴えかけていく事が出来なかった場合、「虫歯になってから行き、治療する」という意識から抜け出すことは、難しいと考えられます。

虫歯ができた時、原因がはっきりとしていることが多くあります。
「虫歯になってから行き、治療する」患者様が来院されたら、まずは患者様と一緒に、なぜ虫歯になったか?どうやったら予防できるか?を考え、本質を見直した上で、達成可能な予防目標を数値化していきます。
メンテナンス時には、リスクが高くなっている所はないかの確認、目標を達成する為の計画を実行した結果、どういった方向に改善できているかを確認します。
そして、自分たちの言葉で、どのようにモチベーションを変える事ができたかを全員で確認します。
治療を途中で止めてしまった患者様、メンテナンスに移行できていない患者様がいらっしゃるという事は、わたしたち自身が本来の"予防"する事が出来ていないと考えることができます。

私たちが行うこと

・患者様自身が口腔内を良好な状態に保つ為に:技術、処置、コミニュケーションが上手という事のみでなく、「自らの意思で定期通院をするという意識」をサポートすること
・口腔内を健康に保ちたいというモチベーションを持っていただく為に:リスク検査を行う→リスクを理解する→リスクを下げる計画を立てる→必要があれば治療を行う→再度計画に対してどのような予防ができているかの確認、メンテナンスを繰り返していくこと
・患者様それぞれの計画に対してどのような事が実行できたか、課題点はあるか、情報共有と現状の把握を徹底し、スタッフ全員でチームワークがとれた状態を保つこと