虫歯治療の流れ

1.ご説明

虫歯とは何か、なぜ虫歯になったのか、どこにどのように虫歯ができているのかを、ご家族とお子さまへご説明してから治療に入ります。

治療方法につきましてもお話しいたします。

2.チェック・治療

キュアルーム(診療室)に入り、お口の中を確認します。虫歯治療では、虫歯になってしまった部分を丁寧に取っていきます。(ラバーダムを用いることもございます。)

虫歯を取ったら、詰めものをします。

ラバーダムとは

ゴムのシートのようなものをお口につけて、治療する歯のみを露出させることで唾液や細菌の侵入を防ぎます。

3.治療後の予防について

「再発しないためには?」「今後の予防ケアについて」など、虫歯にしないための対策についてお伝えいたします。

ドックベストセメント

ドックベストセメント 小児歯科

ドックベストセメントは殺菌効果のあるお薬です。虫歯部分に塗ることで、虫歯菌を無菌化します。お薬といっても、天然ミネラル成分を主成分としていて、ADA(アメリカ歯科医師会)で安全性が認められている体にやさしい製品です。

ドックベストセメントが適用となる虫歯に対して、歯を大きくけずったり、神経を取ったりすることを回避するだけではなく、治療回数も少ない傾向にあり、お子さまへの負担を軽減する治療です。

ドックベストセメントを使うメリット

・できるだけ歯をけずらない
・神経を残せる可能性が高まる
・治療時の痛みを軽減
・治療回数が少なくてすむ傾向にある

ドックベストセメントを使うデメリット

・保険が適用されない自由診療
・セメントが取れてしまうことがある
・重度の虫歯には適用ではない場合がある