矯正治療は何歳から?

何歳から始めれば良いですか?というご質問を頂きますが、始める時期は、子どもそれぞれに適正な時期があります。

色々な考え方がありますが、当院では、なるべく矯正治療の期間が短い方が良いと考えています。矯正治療をするには、様々な矯正装置が必要になります。特に、歯に直接くっつけて歯を動かすブラケットを使用する場合は、歯の周りに汚れも付きやすいので、虫歯になるリスクも高くなります。

大人に比べ子どもの歯は、まだ歯の表面の性質がもろく、虫歯になりやすいのです。また、自分自身で歯磨きなどのメンテナンスをしっかり出来ない年齢だと心配ですね。ですから、【なるべく遅く始めて、早く終われて、なおかつ、アゴの成長の見込める時期、永久歯が生えそろう頃】から始められたら良いと思っています。

装置や時期はお子様自身の意思や、歯の状態、骨格などでも異なります。

早めに治療をした方がよい歯並びの特徴は?

しかし、歯並びの中には 【受け口】、【交叉咬合】、【極端な出っ歯】など、早めに治した方が良いケースもありますので、すべてのお子様が待っていて良いわけではありません。不正咬合により骨の成長等に悪影響が出る場合も、すぐに治療を始めた方が良いことがあります。矯正治療に良い時期を逃さないように、たとえ虫歯などがなくても、定期的に歯科医院にかかって歯並びや咬み合わせのチェックされることをおすすめ致します。

子どもの矯正の場合も、治療を始める前には詳しい検査を行います。矯正治療を行う際に、相談へ行くと健康な歯まで「抜かないと治らない」と言われてしまうケースが多くございます。キッズ矯正では、精密な検査と診断のもと、健康な歯を抜かずに治療を行います。成長期の間に、正しい咬み合わせへと修正してあげることで、見た目だけではなく健康的にも、お子様の将来に良い影響を与えます。

矯正治療を始めるまでの流れ

初診相談

歯並びの必要性や今の歯並びの状態がどうなっているのかわからないなど、お子様の歯並びについてお話しください。

精密検査

初診相談では簡易的なご説明を行いますが、精密検査を行うことで歯並びの状態を診断することができ、具体的な治療方針がわかります。

レントゲン撮影、お口やお顔の状態の撮影、歯型採りなど、1時間30分ほどの精密な検査です。

診断

治療方針・計画を歯科医師からご説明します。(使用する装置、治療費用、治療期間など)

矯正治療開始

お口の中に装置をつけ、治療を開始します。治療のたびに口腔内の写真を撮影、記録が必要です。ムシ歯のリスクを抑えるため、歯みがき指導も行います。