まずは、矯正治療をはじめる前の検査を行います。
症例によってはご希望の治療方法では対応できない場合がございます。

インビザライン ファースト

インビザライン ファースト
取り外しができる透明のマウスピースを用いて、矯正治療の一期治療を行います。
今までインビザラインは、永久歯に生え変わってからの子どもからが対象となっていましたが、新しい技術により乳歯と永久歯が混合している時期の子どもに向けた治療方法が誕生しました。

インビザライン ティーン

インビザライン ティーン
インビザライン矯正に使用する装置は、お一人お一人に合わせて作製される、透明に近いマウスピースです。
治療の段階に合わせて新しい装置に交換しながら徐々に歯を動かし、歯並びを矯正します。

インビザラインという矯正装置は、透明で着けていることがほとんど分からず、子どもから大人まで、親子でも治療を受けられます。

ムーシールド

3歳~の受け口、反対咬合の治療にムーシールドという比較的簡単な装置を使用する場合もあります。ムーシールドは、装着することによってアゴが正常に成長するように促します。使用方法は、寝ている間に約1年間使用していただきます。

上唇(うわくちびる)が上の前歯を押す圧力を減らして、くちびる圧のバランスを整えます。舌がお口の中で低い位置にあるのを改善し、高い位置で落ちつくようにして反対咬合の改善を促します。

筋機能トレーナー

t4k
トレーナーを使って舌を突き出したりする癖を直したり、口呼吸を防いだりして、生えてくる永久歯を正常な歯列へ導きます。お口の周りの筋肉を活性化する役割がありますが、唇が歯に与える力など異常な筋力を取り除く役割も備わっています。この装置は、成長過程にあるお子様の顎の位置を改善するために使用されます。お口の中から外す事ができますので、歯磨きなどのケアはしっかりと行っていただけます。

この装置で歯を一本一本自在に動かして歯並びを矯正することはできませんが、筋機能矯正装置を用いて成長期に合った治療を行っておくことで、ワイヤーでの治療期間を短くする事もできる場合があり、Ⅱ期治療(永久歯に生え変わった後)でのお子様の負担が軽減されます。

歯にワイヤーをつける矯正装置よりも、痛みは弱いといわれています。プラスチック製のため、お口の中の粘膜を傷つける心配もありません。取り外し可能な為、矯正装置が歯から取れてしまい急患で医院へ行くという緊急性もほとんどありません。

主にこのようなお子様の治療に用います

・歯がガタガタと並んでいる
・咬んだ時に前歯で下の歯がほとんど隠れる
・前歯がでっぱっている
・前歯よりも下の歯が前に来ている
・非抜歯矯正を希望している
・口呼吸のクセがある
・ワイヤーをつける矯正治療の期間を短くしたい

拡大床

拡大床
取り外し可能な装置であごを拡げて歯を並べる治療方法です。
早期治療にも有効です。

マルチブラケットシステム

ブラケット 矯正
永久歯が生えそろった子の矯正治療の方法は、歯の表側に「ブラケット」という装置を着けて、そこにワイヤーを通して少しづつ歯を動かしていく方法が一般的です。

ブラケットには、金属のタイプと、セラミックなど目立ちにくいタイプがありますので、お子さまのご希望もお聞きしながら、選択できます。

オーソパルス

光加速装置
光加速装置と呼ばれるもので、矯正治療期間を短縮することを目的としてご希望の患者さんのみ使用していただきます。(費用別途)日本ではまだ認知度の低い装置ですが、欧米諸国で医療機器として認められています。