叢生・乱ぐい歯

叢生

叢生は乱杭歯などとも呼ばれ、写真のようにガタガタと並んだ歯並びを言います。しっかりと咬めずに食事がしにくい、歯磨きがしにくいなどの問題もあります。
受け口と乱杭歯、上顎前突と乱杭歯など組み合わさっている歯並びの方もいらっしゃいます。

下顎前突・受け口・反対咬合

叢生

下の歯が上の歯よりも前に出ている歯並びは、骨に原因がある場合もありますので、顎の動かし方や骨の位置を調べることが大切です。
受け口の歯並びでは、日常生活では、発音がしにくい、噛みにくいなどの問題が起きることがあります。

上顎前突・出っ歯

上顎前突

上の歯が前に出ているのですが、それが原因とは限りません。下の歯が奥に引っ込んでいるために上の歯が出ているように見えるケースもあります。検査の上原因を確かめることが大切です。歯が出ていることで怪我をしやすく、口が閉じにくい事を悩む方の多い歯並びです。

開咬

開咬

奥歯でしっかりと咬んだときに、前歯のところに隙間が空いている歯並びです。前歯で噛むことができないため食べにくい、空気が漏れて喋りにくいという事が起こります。

過蓋咬合<かがいこうごう>

開咬

過蓋咬合は、一見並びがキレイに見えていたりと、自分では気がつかない場合があります。過蓋咬合の歯並びは咬み合わせが深く、下の歯が上の歯に覆われている状態になります。過蓋咬合は、咬み合わせが深いため顎に負担をかけている可能性が高いです。

顎偏位<がくへんい>

開咬

顎偏位は奥歯で咬んだときにかみ合わせが左右にズレている咬み合わせです。咬み合わせがズレているので、放っておくと全身のバランスにも影響を与えます。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、歯の表面に装置を着けて歯を1本ずつ動かし、正しい位置・咬み合わせへと治療する方法です。装置の種類は銀色のものから、セラミックという白い装置まであり、なるべく目立たせたくないという方にも対応しています。

インビザライン矯正

インビザライン矯正

インビザライン矯正は透明のマウスピースを用いて歯を動かしていく治療方法です。マウスピースを何度も新しい形のものと交換していき、少しずつ動かしていきます。インビザラインでの治療は、すべての歯並びに対応できるわけではありませんが、ワイヤー矯正と比べて、外せる・ほとんど見た目には分からないというメリットがあります。

お子様の歯についてお悩みのある方、ご自身の歯(保護者様)についてのご相談等、お気軽にお問い合わせください。0120-693-070診療時間 9:30-13:00/14:00-18:30
休診日 水曜日・祝日(日曜日は月に1回診療)

メール予約