反対咬合や受け口の非抜歯矯正治療

反対咬合は、しゃべりにくい・食べにくい・見た目が気になるなどの影響があります。
その子によって原因が異なり、骨格や悪癖など遺伝、環境的なものが関係しています。

受け口の場合、歯を抜く事や手術をすすめられるケースが多くありますが、当院では抜歯や手術をすることなく矯正治療をさせて頂いております。

ムーシールド

3歳くらいからの受け口や反対咬合の治療では、ムーシールドと呼ばれるマウスピースのような装置を使うケースがあります。
お子様が寝る前にお口の中に入れて頂き、それを約1年間続けます。装置を使うことで顎の正常な成長を促します。

ムーシールドは、上の唇が上の前歯を押す力を軽減し、唇の圧力バランスを調整します。また、舌が低い位置に行ってしまわないように、高い位置で落ち着かせることで、反対咬合の改善を促します。

装置や時期はお子様自身の意思や、歯の状態、骨格などでも異なります。

治療前後 10代 男の子

左側が治療前、右側が治療後の写真です。

反対咬合・受け口
治療前後 10代 男の子
反対咬合・受け口

歯並びは装置を使い始めてからゆっくりと変わっていきます。毎回の歯並びの状態は写真で記録し、どのように変化していったか、計画通り進んでいるかを確認しています。

治療経過 4歳

治療前と3ヶ月後の写真です。下の歯の列が上の歯の列より前になっていた状態から、正常な咬み合わせに治りました。

子どもの受け口
治療経過 3歳

治療前の写真です。

受け口治療
受け口治療

治療経過(1)

受け口治療
受け口治療

治療経過(2)

受け口治療
受け口治療

治療経過(3)

受け口治療
受け口治療

治療経過(4)

受け口治療
受け口治療

子どもの頃からのワイヤーを着けない治療でも、このように反対咬合の咬み合わせの改善が可能です。歯並びの見た目を改善するだけではなく、顎や筋肉の正常な成長を促します。

受け口の初診でご相談いただいた内容

矯正治療についてご相談頂いた中で、お子様の受け口のお悩みをお持ちのパパ・ママのご相談をご紹介致します。

おそらく下顎前突だと思う、反対咬合になりそう、というお悩みも、お気軽にご相談ください。

(例1)3歳・女の子

お母様:咬むと下の歯4本がおおいかぶさって、上の前歯が半分位しか見えていません。主人が受け口で家族も受け口、私の家族にも受け口の者がおります。そのため、生まれた時から受け口にならないか心配していたのですが、やはり受け口になってしまったようです。
まだ治療は出来そうにないかと思いますが、早めに診てもらって方法を教えていただければと思います。本人にやる気がないとできないですよね?

やる気は必要になります。下の歯4本だけなので、受け口の中でも難しいケースではありません。けれど、本人が装置を使わないと治らないので、時期は考えていきましょう。写真を見る限り、中は合っていて、大きな骨格のズレはなさそうですが、受け口は自分の力では治らないと思われます。

お母様:完全に上の前歯が隠れているわけではないから、治る事があると聞いたことがあります。奥に引っ込められるかなと思っています。

個人差があるのですが、永久歯の生え変わりの時に治る人もいます。逆にだんだん受け口になる人もいます。お口の中の状態を観察して記録していくと、骨の成長がわかりますので、ゆがみなどの早期発見ができます。

お母様:早めに治療したほうがいいですか?

もし出来るなら今からでも始められますが、もう少し大きくなってからでも大丈夫です。骨の成長を促す装置なので、早いほうがベストだと言えます。
寝るときに使用し、唇の圧力やバランスを変えていくムーシールド、奥の歯にキャップを付けて意図的に咬み合わせを変えて成長させる方法などがあります。
治療する年齢や歯の状態で方法は変わります。

お母様:受け口が治ったら咬み合わせも良くなりますか?

咬み合わせの治療は別です。ゆくゆくは矯正が必要になる可能性もあります。ムーシールドなどは骨の成長を変えるためのものなので、咬み合わせは重要視しない事もあります。