お子さまのための、健康的な歯並び矯正

歯列矯正

何歳から始めれば良いですか?というご質問を頂きますが、始める時期は、子どもそれぞれに適正な時期があります。

色々な考え方がありますが、当院では、なるべく矯正治療の期間が短い方が良いと考えています。矯正治療をするには、様々な矯正装置が必要になります。特に、歯に直接くっつけて歯を動かすブラケットを使用する場合は、歯の周りに汚れも付きやすいので、虫歯になるリスクも高くなります。

大人に比べ子どもの歯は、まだ歯の表面の性質がもろく、虫歯になりやすいのです。また、自分自身で歯磨きなどのメンテナンスをしっかり出来ない年齢だと心配ですね。ですから、【なるべく遅く始めて、早く終われて、なおかつ、アゴの成長の見込める時期、永久歯が生えそろう頃】から始められたら良いと思っています。

しかし、歯並びの中には 【受け口】、【交叉咬合】、【極端な出っ歯】など、早めに治した方が良いケースもありますので、すべてのお子様が待っていて良いわけではありません。不正咬合により骨の成長等に悪影響が出る場合も、すぐに治療を始めた方が良いことがあります。矯正治療に良い時期を逃さないように、たとえ虫歯などがなくても、定期的に歯科医院にかかって歯並びや咬み合わせのチェックされることをおすすめ致します。

子どもの矯正の場合も、治療を始める前には詳しい検査を行います。矯正治療を行う際に、相談へ行くと健康な歯まで「抜かないと治らない」と言われてしまうケースが多くございます。キッズ矯正では、精密な検査と診断のもと、健康な歯を抜かずに治療を行います。成長期の間に、正しい咬み合わせへと修正してあげることで、見た目だけではなく健康的にも、お子様の将来に良い影響を与えます。

お子様の様子について、ご相談下さい。
●いつも口が開いている
●前の歯・下の歯が前に出てきている
●ガタガタしていて、磨きにくい歯並び
●舌を出したり、爪を噛む癖がある など

お子さまのための、健康的な歯並び矯正

装置や時期はお子様自身の意思や、歯の状態、骨格などでも異なります。


お子様の歯並びは?

歯並びには、さまざまな種類があります。お子さまのタイプはどちらになりますか?


歯列矯正治療方法

お子様に合った方法で治療を進めます。


矯正治療症例集

抜かない・削らない歯並び矯正治療を経験された患者様の症例です。


子どもの歯並びの特徴

大きく3つの特徴があります。


子どもの受け口の治療

原因や骨格への影響を見極めて、治療時期を決めます。


睡眠時無呼吸症候群

小児の睡眠時無呼吸症候群が多くなっています。矯正治療で顎を拡げることにより、改善されるケースがあります。


矯正治療が必要な理由

見た目だけではなく、お子さまの成長に関わる大切な理由があります。


各種お支払い方法

歯列矯正のお支払い方法について、使用可能なクレジットカード等。
医療費控除についてはこちらをご覧下さい。


歯並び相談

どんなきっかけでも構いません。まずは、ご相談くださいませ。