みなさまが、小児歯科・矯正歯科に求めることは何でしょうか。
痛くしない治療?短期間ですむ通院?お子さんにとって一番幸せなことは、健康な「歯+口腔」であることです。

銀座キッズデンタルパークでは、「歯+口腔」が病気にならないためのサポートをさせていただいております。予防は生活習慣であり、子育ての一環だと考えています。保護者のみなさまと歯科医院が、お子さまの健康に関する情報を共有し、どうすれば改善するか、維持していくかを一緒に考えていきます。

一生健康な「歯+口腔」でいるために、

できるだけ早い時期に予防習慣をつけることが大切です。

正しい知識を身につけていきましょう。

0歳からは…

生まれたての赤ちゃんにはムシ歯菌はいません。

そのまま一生感染しなければムシ歯にはならないのです。

ムシ歯は、ムシ歯菌によって引き起こされる感染症、つまり病気です。

しかしムシ歯菌はかぜのウイルスのように、だ液によって人から人へと簡単にうつります。そして、いったんお口にすみつくとほとんどなくすことはできません。

0歳からは

定期管理の効果

こちらのグラフは、歯科医院で治療やお口の清掃をしている母親としなかった母親で子どものムシ歯のでき方の違いを現したものです。 お母さまのお口をきれいにすると子どももムシ歯ができにくくなりますね。 お母さまの検査とムシ歯予防のアドバイスをしてもらいましょう!
定期管理

母親のミュータンス菌量と子どもの感染率

こちらのグラフは、お母さまのお口の中のバイ菌の数とその子どもたちのムシ歯になる割合を示しています。

お母さまのお口にバイ菌が多いと子どももムシ歯になる可能性が高くなるのが分かります。

虫歯菌

マイナス1才からのムシ歯予防

うまれてくるお子さまが一生健康な口腔でいるためには、お腹の中にいる時からが重要です。

まずは、うまれてから最も時間を供にするお母さまのお口が健康であること。

当院では、まずお母さまのお口の健康状態についても検査し、お子さまと共にムシ歯予防をすることから始めます。

パパ・ママへ

感染の窓

感染の窓とは、ムシ歯菌に感染しやすいとくに危険な時期のことで、乳歯の奥歯が生えてくる1歳半から3歳くらいの間のことを言います。ムシバの原因菌であるミュータンス菌が感染する時期が遅ければ遅いほどお子さまのムシ歯予防につながります。
感染の窓

お子様の歯についてお悩みのある方、ご自身の歯(保護者様)についてのご相談等、お気軽にお問い合わせください。0120-693-070診療時間 9:30-13:00/14:00-18:30
休診日 水曜日・祝日(日曜日は月に1回診療)

メール予約