子どもといっしょに歯並びの治療ができます

 

矯正治療はどんなイメージですか?

目立つ装置

毎回時間がかかる

痛そう

虫歯になりそう

矯正治療は多くの時間を取られ、見た目や痛みが仕事や家事・育児にも影響するのではないかと心配される方もいらっしゃると思います。

歯と歯並びの大切さ

日本では今まで歯並びやかみ合わせが欧米諸国よりも重要視されていませんでした。しかし、歯並びが悪いことによる咬み合わせの悪さが全身の健康や脳の健康に関係があることが、研究でも明らかになっています。

しかし、美容の面から歯を削ってセラミックを被せるというのがブームになっている動きが見られます。
人口の歯を削って歯並びを整えるのは、根本からの治療になっていません。
削った歯はもう元に戻ることはありません。歯を削ると弱くなりますので、歯の寿命は短くなります。
歯を失うと、入れ歯やインプラントを入れることになります。

見た目にも、将来外れたり黒ずんだりするため、細かいメンテナンスが必要になり、総合的に見ると治療費が高額になっているパターンが非常に多いです。

新しい治療方法「インビザライン」をご存知ですか?

インビザラインは、アメリカで生まれた歯並びの治療方法で、世界中で400万人以上の人々が既に治療を終えています。

その治療方法は、「透明のプラスチックのマウスピースをはめる」というものです。

プラスチックのマウスピースをはめるだけでどうして治るの?

治療開始前に、相談・精密検査・診断を行います。
検査した詳しいデータから、歯の正しい位置とかみ合わせを導き出し、その位置に歯が動くようコンピュータで厳密に計算されマウスピースが作り出されます。

マウスピースは、歯が動くように作られるのでごとにマウスピースを新しい形のものに交換していきます。

そのマウスピースでは、歯を動かす大きさも決まっているのですが、その大きさはワイヤー矯正よりも小さく、痛みを感じにくいといわれています。

ではなぜワイヤー矯正をする人がいるの?

インビザライン治療のデメリットは、すべての歯並びに対応できる治療方法ではないということです。

インビザライン治療を始めるときは、矯正歯科に精通したクリニックを選択するようにしましょう。
誰でも、人と全く同じ治療ができるということはありません。それぞれに合った治療、カスタムメイドの治療計画が必須です。

インビザライン治療の装置は着けていることがほとんどわかりません

笑顔のときも、話しているときも装置の見た目を気にせずいつも通りの生活を送ることができます。

歯磨き

着け外しできるので、歯磨きやフロスも隅々までOK

食事のときと歯磨きのときにはマウスピースを外すことができます。今まで通り、歯を清潔に保つことができます。

忙しくても通いやすい

2.3ヶ月に1回の通院でも治療が可能です。通院時には、歯やかみ合わせのチェック、クリーニングを受け、新しいマウスピースを受け取ります。
ワイヤー矯正よりも、クリニックにいる時間は短く済みます。

oyako

お子様の歯を守りながら、いっしょに!

銀座キッズデンタルパークでは、お子様の治療といっしょにパパ、ママのインビザライン治療を受けていただくことができます。
※時間については当日の空き具合によります。ご予約時にスタッフまでお尋ねください。

銀座キッズデンタルパークの願い

親からもらった美しい天然の歯を一生大切にしてほしい。一生自分の歯で美味しく楽しく食事をしてほしい。

お子様へ、パパ・ママへ、銀座キッズデンタルパークではそんな願いを持ち、治療を行っています。

お問い合わせ






 

ご予約希望日は、ご相談の予約を希望される方のみ、ご入力ください。




 



 

ご連絡先のご入力をお願いいたします。


 


 




 
*確認画面は表示されません。上記内容にて送信いたしますので、よろしければチェックを入れてください。
 

送信ボタンは1度のみ押してください。正しく送信が完了しましたら、一番下に「お問い合わせありがとうございます。」のメッセージが表示されます。